ノンフィクション細腕繁盛記

伊豆熱川にある宿・楽風雅殿(らふうガーデン)のオーナーシェフの日記。日々のできごとや辺りの歳時記などをドタバタ喜劇でご紹介します。 いやぁ、涙なくしては語れません。ホント。。

Entries

阿波紀行 

前回のつづき。

ウチから車で8時間後には 徳島の近くまで来ていました。
淡路島を縦断中だったか 鳴門海峡の上だったか。
とにかく、思ったより ずっと早かった!

昔の記憶だと 12時間くらいかかったような気がしていて
しかも、幼い頃の私はかなりの乗り物酔いをするので
徳島についたときは体力も気力も すっかり無くなって
来たばかりなのに また帰りもこんな思いをするのかと
かなりブルーだった記憶があります。
今はすっかり乗り物酔いはなくなり、8時間ほどで 徳島に来ることができることに
感動に近いものがありました。

IMG_0212.jpg
(鳴門海峡を渡っています。迫力 凄かったー^^)

徳島に入ると 休憩がてら 鳴門のうずしおを見ることにしました。
折角なので 小型船でうずしお近くまで行って 間近で見ることにしました。
小型船で見るのは初めてです。

IMG_0219.jpg
(太平洋側の海水の色は濃くて 瀬戸内海側はエメラルド色。二つの海流が合わさったところはお互いが内側に流れ込んだり 波が起きたり うずしおが出来たりしていました。)

その後、阿波十郎兵衛屋敷で人形浄瑠璃を見学。
これ、私がすっごく見たかったものです。
母が子供の頃は 神社などで人形浄瑠璃が来て 楽しんでいたそうなので
徳島人だったら皆が知っているお馴染みなのだそうです。。

ガイドさんの話によると ここは坂東十郎兵衛さんという実在の人物のお屋敷。
そして、実在の人物 坂東十郎兵衛さんは息子と共に処刑。奥様と娘は追放という ビックリなお話をされました。

藍染の藍作りが盛んだった阿波藩は藍を売って現金収入を得ていましたが その頃 幕府では
藩の力を抑えるために現金収入を得ることを禁止していました。でも それが見つかったために
十郎兵衛さんに罪を押し付けて 罪状も明らかにされないまま処刑・・と解説された・・と思ったのですが
後で調べてみると 他国米(肥後米)輸入の監視役を務めていた十郎兵衛と船頭との間の諍いが原因・・とか、
阿波の大飢饉(ききん)のおり、国禁を破って大量の闇米を購入し、多くの領民を救って処刑された等あり、どれが正しいのか わかりません。。とにかく 十郎兵衛さんは 処刑されてしまった。しかも ここからすぐ近くの松の下で。ヽ(;▽;)ノとのことです・・。 
それを題材に作られたのが 「傾城阿波の鳴門」という人形浄瑠璃のようです。
上映後 母は「ととさまの名は阿波の十郎兵衛 かかさまはお弓と申しますー」のセリフは徳島の人はみんな知ってる!と
言っていて(←ホントか?!) この部分のお芝居だけしか観たことがないという。
(今回もこの部分のお芝居でした)
人情もののお話か・・と思いきや 後で調べてみるとこれには続きがあって 娘のお鶴を父親が我が子とは知らず 金欲しさに殺し 畑に埋めて隠したが バレて 捕まり 重い罪に処せられた・・とのこと。
・・全然 良い話じゃねーし!
母も えー!そんなお話なの?とビックリのご様子でした・・・。

IMG_0230.jpg
IMG_0235.jpg

解説によると人形浄瑠璃は 淡路島の人形座が阿波に頻繁にやってきて 藍作地帯で公演をやったことが始まりのようで
それだけ藍作りが盛んだったことがうかがえます。。現金収入のない地域でも 地域の人が真似て 演じていたそうです。
もう一つ付け加えれば 阿波の大名の蜂須賀氏は 淡路島の農民に 身分を与えて 人形芝居で全国を行き来できるようにしたそうです。
徳島といえば 阿波踊りが有名ですが 最初は念仏踊り程度だったのを派手にして 広めたのは 藍商人と承認した蜂須賀氏ということです。

阿波の殿様 蜂須賀公が 今に残せし 阿波踊り という歌詞が阿波踊りに出てきますもの〜・・。

阿波の古狸と呼ばれた 蜂須賀氏。どんな人物だったのか 興味がわいてきました・・・。

IMG_0247.jpg

これも思い出のお料理です。「たらいうどん」
夕食にいただきました。
徳島では うどん屋さんがたくさんあります。ラーメン屋さんよりも お蕎麦屋さんよりも
うどん屋さんが多いです。
土成(どなり)・阿波市の郷土料理だそうです。出汁は吉野川渓流で捕れるジンソクという川魚。
たらいに入っている うどんを皆で囲んで食べるんですよ・・。
子供の頃 徳島に行くと必ず行きました。ちなみに 今、チェーン店になっているそうですが
私の記憶だと この土成という地域のみしか 無かったのでは。
この地域に10軒ほどしか無かったと思います。

IMG_0244.jpg
この新見屋さんは おつゆが小鍋に入っているのが特徴です。
どのお店も たらいに おうどんが入っているのは共通しているのですが
おつゆが生姜が効いていたり うどんがちょっと細めだったり
するようです♪

次回に続きます。

 


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

みよすけ

Author:みよすけ
FC2ブログへようこそ!

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加中!

FC2ブログランキング

最近の記事

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

フリーエリア

右サイドメニュー

ブログ内検索

最近のトラックバック