ノンフィクション細腕繁盛記

伊豆熱川にある宿・楽風雅殿(らふうガーデン)のオーナーシェフの日記。日々のできごとや辺りの歳時記などをドタバタ喜劇でご紹介します。 いやぁ、涙なくしては語れません。ホント。。

Entries

阿波紀行 続き

前回 阿波紀行の続き。



遊山箱(ゆさんばこ)というのは 野山へ出かけたり
お花見した時などに使う お弁当箱だそうです。
見た目は「おかもち」のようで 3つの引き出しがあります。

最近 徳島では この遊山箱を復活させたい!という動きがあるようです。

この遊山箱のランチがいただける「ホテル祖谷(いや)温泉」にお邪魔しました。

IMG_0253.jpg
IMG_0256.jpg
IMG_0257.jpg
(遊山箱のランチです。私もお重スタイルは大好きなので 参考にしたいと思いました)

祖谷渓谷は四国三郎と呼ばれる吉野川の支流が 長い年月をかけてV字型の険しい渓谷に
しました。下を見ると 足がすくみます。
ここまで来るのに 曲がりくねった細い道を延々と登ってきました。
途中、誰が建てたのか・・こんなものが!

IMG_0250.jpg
すごいでしょ?!誰が何のために建てたのかしら?
IMG_0251.jpg
下は足のすくむような渓谷が広がっています。

少し先を行くと 大歩危小歩危(おおぼけ・こぼけ)という やはり険しい渓谷があります。
「ほけ」というのは 古語で断崖のことらしく、荒天時には落石や土砂崩れがしばしば発生する
危険な場所でもあるそうなんですね。
平地がほとんど無く、崖や淵、細くて暗い山道危険なところには 怖い伝説が生まれるのです。
こなきじじいは ここから出たそうですよ。駅の近くには 至るところに妖怪たちのオブジェもあって
人もあまりいないのに この妖怪オブジェがあちこちにあると かなり怖いです。。
oboke15.png

大歩危小歩危の「妖怪まつり」。妖怪みこし、妖怪バンド、妖怪行列、飛び入り参加もできる手作り妖怪コンテストなど、妖怪をテーマにした楽しい企画が盛り沢山。


oboke14.png
「ひとつ目丼」は山城町の伝説に登場する一つ目妖怪の「青坊主」や「一つ目入道」をイメージした卵と、大歩危峡谷の岩石のような祖谷の岩豆腐が特徴。1日20食限定!祖谷そば、葉わさびの佃煮、妖怪茶、お~こわ饅頭もセットです。


もう一つ、祖谷といえば「かずら橋」。諸説あるようですが 平家の落人が追手がきたら
すぐに切り落とせるように葛を使って架設した橋です。

IMG_0267.jpg


IMG_0264.jpg
IMG_0266.jpg
怖いと感じるのは 組んだ葛の間から 下が見えるから。
昔 私のいとこが 隙間から靴を落としてしまって 2度と見つけることができなかったことあり・・。
この橋を渡るときは お財布やカメラ等大切なものはしっかり持って 落とさないように・・デス。

かずら橋の近くのお店では あゆの塩焼きが串に刺して 売っています。
それと。串にさした味噌田楽も。名前は「でこまわし」。
(写真では 売れちゃって 1つしか残っていなかった〜)

IMG_0272.jpg
「でこ」とは人形(木偶)を意味する方言で 母の説明だと 人形浄瑠璃の手足のない頭の部分とのことです。
祖谷の蕎麦でつくった蕎麦団子、祖谷の岩豆腐 こんにゃくを串に刺して味噌をつけて焼いているそうです。
回しながら 食べるみたいなんだけど  赤ちゃんをあやすときに使う「でんでんだいこ」もコレから来てるんだよ!と
得意げに母は申しておりましたが 真偽のほどはよくわかりません。
しかし。こんな山奥まで 人形浄瑠璃の用語が使われているということは 浄瑠璃がそれほど徳島の人に浸透していたということですよね。
みんな楽しみにしていたんだなぁ・・と思いました。

帰りの途中で 脇町のうだつを見に行きました。
IMG_0273.jpg
ゆるキャラの「うだつまる」。
IMG_0274.jpg
前に張り出しているのが「うだつ」。
「うだつ」とは隣家との境界に取り付けられた土造りの防火壁のことで、これを造るには相当の費用がかかったため、裕福な家しか設けることができませんでした。 すなわち「うだつが上がる」ということは富の象徴であり、「うだつの町並み」は当時の繁栄を物語っています。 (うだつの解説より)

今回、ポイントで訪れたところが 藍に深く関わっていたことが発見でした。
藍産業の繁栄が浄瑠璃を広めたり うだつの町並みを作ったり
祖谷の山奥まで でこまわしという浄瑠璃に関係する食べ物があったり。

母も久しぶりの里帰りで のんびりできたようです。

お休み、どうもありがとうございました。


追記
徳島の言葉で 温かいことを「ぬくい」といいます。
昔 町のお弁当屋さんも「ぬくぬく弁当」と書いてあったと思いますが
今では「ほかほか弁当」となっていました。
ぬくぬくの方が 個人的には 地方らしくて いいのに・・と思っちゃいました・・・。



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

みよすけ

Author:みよすけ
FC2ブログへようこそ!

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加中!

FC2ブログランキング

最近の記事

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

フリーエリア

右サイドメニュー

ブログ内検索

最近のトラックバック