ノンフィクション細腕繁盛記

伊豆熱川にある宿・楽風雅殿(らふうガーデン)のオーナーシェフの日記。日々のできごとや辺りの歳時記などをドタバタ喜劇でご紹介します。 いやぁ、涙なくしては語れません。ホント。。

Entries

今日は満月です。

先程まで友人が来ていて 見送るときに空を見上げたら
満月だった。
何も言わなかったけれど 友人も気づいていたかなぁ?
満月を見ると 昔 高校の授業で暗唱させられた
中原中也氏のこの詩を思い出します。
人によって この月はどんな形なのか思い浮かべるものは
違うのだろうけれど
私は 満月だと思ってます。
素敵な詩なので 紹介しますね。


「湖上」
ポッカリ月が出ましたら、
舟を浮べて出掛けませう。
波はヒタヒタ打つでせう、
風も少しはあるでせう。


沖に出たらば暗いでせう、
櫂から滴垂(したた)る水の音は
昵懇(ちか)しいものに聞こえませう、
—あなたの言葉の杜切れ間を。


月は聴き耳立てるでせう、
すこしは降りても来るでせう、
われら接唇(くちづけ)する時に
月は頭上にあるでせう。


あなたはなほも、語るでせう、
よしないことや拗言(すねごと)や、
洩らさず私は聴くでせう、
—けれど漕ぐ手はやめないで。


ポッカリ月が出ましたら、
舟を浮べて出掛けませう、
波はヒタヒタ打つでせう、
風も少しはあるでせう。
スポンサーサイト

Comment

 

そうですか楽しいひと時でよかったですね。
私も今日の夜 亀石峠近くで東の空をみたら
満月だったと思います。海面に満月の月光が映り
とてもロマンッティクな風景を見ることができました。

中原中也の詩 素敵ですね。最近『かなしみの名前
中原中也の言葉』 斉藤孝 著を買おうと思って
いたところなので・・・

それでは私の好きな詩人 坂村真民 の詩で
月光を見たオーナーに贈る詩を紹介します。

『光と闇』
光だ
光だ
という人には
いつか光が射してくるし

闇だ
闇だ
という人には
いつまでも闇が続く

『念ずれば花ひらく』
念ずれば
花ひらく

苦しいとき
母がいつも口にしていた
このことばを
わたしもいつのころからか
となえるようになった

そうして
そのたび
わたしの花が
ふしぎと
ひとつ
ひとつ
ひらいていった




 

一蝶&KEJIMEさま
コメント、ありがとうございます。
海面に満月の月光が映ると
綺麗ですよね・・。
それと 素敵な詩ですねぇ(しみじみ)。
勇気つけられるというか・・。
いつも 懇情を賜り お礼申し上げます。

では おみょ~ぬつ(←仙台弁)
  • posted by みよすけ 
  • URL 
  • 2007.04/07 15:53分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

みよすけ

Author:みよすけ
FC2ブログへようこそ!

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加中!

FC2ブログランキング

最近の記事

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

フリーエリア

右サイドメニュー

ブログ内検索

最近のトラックバック